バイフォーカル(二重焦点)

2018年09月02日(日)

Category: こだわり, メガネのお話, 商品紹介, 目のお話

いまや、遠近両用のレンズと言えば、累進と言われる境目のないタイプのものが主流です。

昔の遠近両用といえば、バイフォーカル(二重焦点)と言って、下に小玉が付いているタイプでした。

今でも種類は少ないながらもありますし、愛用されている方もいらっしゃいます。

当店は、他店よりバイフォーカル(二重焦点)は結構使うことが多いらしいです。

メリットは、歪みがなく、近用部分の見える範囲が広いことです。これは、累進レンズには叶いません。
デメリットは、外見的な問題と、中間距離のものを見るためにはどっちつかずであること。

バイフォーカル(二重焦点)に敢えて使う人は、手仕事・職人系の仕事の人が多いです。
しっかり手元を見たい人。

累進は設計が命になってきますが、バイフォーカルは、焦点が2つしかないので、小玉の形やサイズの違いくらいで、それほど種類もありません。
また、薄型加工も可能なので、度数の強い方でもかなり薄く仕上げることが出来る場合もあります。

この辺のレンズ選択もご相談頂ければいろいろと提案出来ると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。