プラスチックレンズは「酸性・アルカリ性」が苦手

2018年04月29日(日)

Category: こだわり, メガネのお話, 日常

先日「片町スクランブルナイト」でメガネの取り扱い方について話しました内容、Part5。

メガネのトラブル「酸性・アルカリ性」。

メガネが汚れた時に、思わずやりがちな事。
お風呂で洗ったり、台所で洗ったり。
レンズ面のコートが痛む原因になります。

・洗剤(台所用洗剤・石鹸・ソープ類など)
・薬剤
・化粧品・整髪料
・油
・汗
・果汁 etc

アルカリ性や酸性の洗剤などの化学薬品がレンズに付着するとレンズ面のコートがはがれたり、シミになって取れなくなったりします。
万が一付着した場合は、すぐに水洗いして拭き取って下さい。
レンズの汚れがひどい時は、専用のクリーナーをお使いになるか、中性洗剤を薄めた液で軽く洗って水でよくすすいですぐに拭き取って下さい。
専用のクリーナーを使うのが一番いいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。