チンパンジーの直感像記憶

2007年12月06日(木)

Category: 時事, 目のお話

先日、チンパンジーの子どもの記憶能力は人間のおとなより優れているというニュースを見ました。これは、ディスプレイに出てくる数字を見て瞬間的に記憶する能力を測ったものだそうです。実際に映像も見ました。最高レベルは、数字9個を約0.2秒表示するもの。0.2秒は、眼を動かして数字の位置を確認できない速さで、直観像記憶です。はっきり言って無理です^^

この直観像記憶は、瞬間視と周辺視野が大きな鍵です。瞬間視とは、一瞬で多くの情報をつかむ能力で、周辺視野とは、広い範囲を見る能力です。以前眼力(めぢから)トレーニングの記事でも少し話しましたね。眼年齢を測ることができます。ちなみに今までの私の最高は22歳です。

人間とチンパンジーのDNAは、90%以上同じらしいですが、人間がチンパンジーのこの能力で劣るのは、人類の祖先は言語を獲得するために短期記憶の一部を捨てたのではないかと推測されるそうです。また、チンパンジーも人間も年齢が上がるとこの直感像記憶の能力が減退するようです。知恵をつけると、本来の能力が衰えてくるのですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。