災害時に必要なもの

2008年09月01日(月)

Category: お知らせ, 時事

9月1日は、防災の日です。日頃から災害への備えが必要だと思いながらも、実際はあまりしてないことが多いのではないでしょうか?

阪神淡路大震災、新潟県中越地震の被災者アンケートによると、役に立った防災グッズの一位が懐中電灯だったそうです。そう!見えないというのは、何よりも不便なのです!見えないといえば、意外と盲点なのは、老眼鏡(シニアグラス)です。阪神淡路大震災で、避難されている高齢者が喜んだものに老眼鏡(シニアグラス)があったそうです。ボランティアや支援者には若者が多かったそうで、気がつきにくかったそうです。相手の望むものを見極める支援が必要だという、とある本に書いてありました。

非常用に持ち出すものとして、老眼鏡や、常用のメガネが必ず必要になります。非常用持ち出し品には、予備のメガネ(昔の使わなくなったメガネなど)を入れておきましょう。また家族の方も、メガネを普段、どこに片付けてあるかを知っておく必要があるかと思います。

災害時に備える-メガネ

みなさんは、寝るときメガネをどこに置いて寝ますか?朝起きて、メガネどこだっていつも探している人は、寝ているときに災害が起こったときに困りますので、ちゃんとしましょうね^^災害時のメガネの備えは万全にお願いします。

災害時に必要なもの」への3件のフィードバック

  1. ミルク

    なるほどです
    いつもメガネを探してる状態なんですが、寝るときぐらいちゃんと枕元に置くようにします

  2. はなぼこ

    あ、分かる分かる。メガネって、いつも置いてるトコにないと、
    すごく不安になるし・・・。
    自分も予備を所定の場所に常備してます(^^v
    災害時か?。確かに、非常時にメガネが壊れたりしたら・・・キツイな?(++

  3. hory 投稿作成者

    >ミルクさん
    ちょっとした心がけが大切ですね。

    >はなぼこさん
    外泊したときに、いつもメガネを置く場所に気を使います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。