運転免許更新-視力検査

2008年10月24日(金)

Category: プライベート, 目のお話

運転免許更新-視力検査

先日、運転免許更新に行ってきました。5年ぶり。今まで普通免許となっていたのが、改正されたみたいで、中型車(8t)となってました。
運転免許更新時に気になることといえば、ひとつは青色かゴールドかということ。それから、視力検査通るか。一番気になるのは、顔写真が犯人みたいな写真にならないかどうか。ひとつめは、本人の運転履歴によって決まるもの。顔写真に関しては、鏡の前で練習してください。視力検査はというと、更新に行く前に準備してください。でないと、その場で視力検査にひっかかってしまうと、当日の免許更新ができなくなります。
今日は、運転免許の視力についてのお話。

運転免許更新時における適性検査(視力)

原付免許、小型特殊免許の視力
両眼で0.5以上。片眼が見えない方については、他眼の視力が0.5以上で視野が左右150度以上。
中型(8t限定)・普通免許・二輪免許の視力
両眼で0.7以上、かつ、片眼がそれぞれ0.3以上。又は片眼の視力が0.3未満、もしくは片眼が見えない方は、他眼の視力が0.7以上で視野が左右150度以上。
第一種中型免許や第一種大型免許及びけん引免許、第二種免許の視力
両眼で0.8以上、かつ、片眼がそれぞれ0.5以上。さらに、三桿(さんかん)試験と呼ばれる深視力検査を行い、3回の検査の平均誤差が2センチ以下

上記のように、運転免許を取るには、良好な視力が必要とされます。大きな車や、人を輸送するような車に乗る人ほど基準が厳しくなります。特に深視力検査は、普通免許では検査しませんが、立体視ができているかの検査です。詳しくはまたの機会にお話します。ちなみに当店では、深視力を測る機械があります(参照はこちら)。

運転免許-適性検査・視力検査

運転免許センターでの視力検査には、「上・下・左・右」しかありません(私の知る限りですが)。少なくとも石川県では「ななめ」はありません。しかも、左目・右目・両眼で、「上下のどちらか+左右のどちらか」しか聞かれません。ここに、ちょっとした視力検査パスのコツがあるのですが、これも次回、お話します。とりあえず、ほとんどの方は「片目で0.3以上。両眼で0.7以上」と覚えておいてください。
運転免許更新の前に、視力に不安がある方は、お気軽にお立ち寄りくださいませ。

運転免許更新-視力検査」への2件のフィードバック

  1. はなぼこ

    おおっ、奇遇ですな?^^

    こちらも、もうすぐ免許更新です(^m^
    いよいよゴールド♪

    視力検査、気をつけよう・・・
    ナイスアドバイス★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。