うなぎ屋さんはガラスレンズが良いかも

2011年04月18日(月)

Category: メガネのお話, 写真, 商品紹介

どれだけぶりかのメガネの写真。お店のHPの方との連携を考察中。。
これから少しずつシフトチェンジしていきます。

Syun Kiwami シュンキワミ

さて、当店の売れ筋No1のブランドは「Syun Kiwami(シュン キワミ)」。私もかけてます。2つ持ってます。
それはさておき、旬の形・機能性を掛けた瞬間に伝えることをコンセプトに、日本最高技術を駆使し妥協することなく作り上げている、当店いちおしのメガネです!

Syun Kiwami シュンキワミ

ところで、このメガネをめでたく購入して頂けた方は、日頃お世話になっている「みやむら」(近江町市場)さん。ここのウナギ、美味しいのは当然なのですが、中でも私は白焼きがお気に入りです。冬は中身の詰まった蟹カニもやっていまして、先日東京から金沢へ遊びに来た後輩を紹介したところ、とっても喜んでくれました。

Syun Kiwami シュンキワミ

彼の仕事は、ウナギをさばいたり、焼いたり、蟹を茹でたり・・・、メガネにはかなり過酷な状況であります。特に問題は、温度です。ウナギのかば焼きを焼くときは、かなりの高温に長時間さらされることになります。通常のプラスチックレンズだと、プラスチックが膨張して、表面のコーティングがひび割れ、状況が悪いともやがかかったようになったり、コーティングがはげてきたりして、レンズの寿命が短くなる可能性が高いです。そこで、おすすめは、ガラスレンズ!ガラスは、温度による膨張がほとんどなく、コーティングに影響が少ないのです。また、汚れたら何ででも拭いたりするそうで、なおさら耐久性のあるガラスレンズがお勧めです。

ガラスレンズの欠点は、重いこと、割れる可能性があることです。利点は、傷が付きにくい、耐久性が高い、熱に強いこと。

Syun Kiwami シュンキワミ

職業というか、使うシチュエーションによって適しているメガネ(素材、設計などなど)はそれぞれあります。お気軽に相談頂ければ、いろいろご提案できることがあると思います。

うなぎ屋さんはガラスレンズが良いかも」への2件のフィードバック

  1. じゅんぼ

    ガラスは重いけど、堀ちゃんにかかれば薄くしてくれるから、苦にならないってこと?

    コスト的にはどうなんだろ?

  2. hory 投稿作成者

    >じゅんぼさん
    重さはバランスも重要なので、あまり重心が前にこないように工夫する必要かな。
    種類にもよるけど、コスト的にはガラスの方が安価。ガラスはあまり新製品が出ないけど、プラスチックレンズは毎年のように付加価値を加えて新製品が出てるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。