初ハーフマラソン(百万石ロードレース2013)

2013年10月20日(日)

Category: こだわり, スポーツ, プライベート, 磨く

ついにこの日が来ました。初ハーフマラソン。

なんと、1km5分50秒ペースで走らないと途中で足切りに遭い、バスで強制送還されるというかなりSなコース。しかも前半はずっと上りなのに5分50秒以内で走らないといけません。

百万石ロードレースハーフ

準備はというと、そんなにできてないのですが、一度試走したときは、まあまあの感触だったので、なんとかなるだろうというポジティブな気持ちで臨みました。不安は、やはりスタミナ。10kmを超える距離を走ったことはまだ2度しかないので、21kmはほぼ未知の世界。2時間足を動かしているだけだというアドバイスのもと、体は痛いところも全くなくフレッシュな万全な状態がプラス材料。小雨の降る中、スタートしました。

最初は、小間井理事長についていく作戦。思っていたより飛ばす飛ばす^^結果的に自分のペースもまあまあのリズムを作ることができ、1km過ぎから一人旅。結構走りこんでるだろうなという女性を見つけ、ペースメーカーにしてついていく作戦。この人、私には少し速いかなと思いつつも、ペースが乱れず走ってくれたおかげで、ひっぱってくれました。そんなに苦しくはないですが、内心はオーバーペースかなぁと思っていました。不思議なもので、走ってると途中、すごく楽に走れている時があるんですよね。あれなんなんだろう。リズムかなぁ。

なんとか上りを走ってダムの横の折り返し地点へ。若干足に疲労が溜まってるのを感じつつも、下りも勢いに乗って飛ばしてみました。下りって足に結構負担ありますね。膝の横ら辺が、ピキピキいってるような。途中平地になると、上りのような感覚になり、徐々に足に疲労が蓄積されてきてます。最後まで持つのか??少し不安になりながらも、下りなのにペースが段々落ちているのを感じます。まだ大丈夫。

しかし、二股の道を右に入って土清水まで上る坂で、完全にペースダウン。段々鉛のような足になって前に出なくなります。息は全く苦しくないのに足が動かない。可動域も狭くなっています。筋肉より腱に負担かかってるんだろうな。小立野からも下りなのに、全くスピードに乗れず、途中10km組と合流した人たちにも抜かれる始末。後半大失速。いつものパターンです。最後の力を振り絞る気持ちもなく、そのままゴール。

百万石ロードレース2013初ハーフ

完全なるスタミナ不足。ただ、前半を抑えたからといって、後半どうなのかはわかりません。同じかもしれません。21kmを走り抜く足が出来てませんでした。前半良い感じだったんだけどなぁ。残り5kmからの大失速が残念。また挑戦しよう。
今、まっすぐ綺麗に歩けません。マラソンは体に良くない!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。