メガネのフィッティング金沢エキスパート

2018年02月16日(金)

Category: こだわり, フィッティング, メガネのお話, 磨く, 目のお話

昨日は臨時休業を頂きましてご迷惑をおかけしました。
ホスト開催、メガネのフィッティング金沢エキスパートに参加しておりました。
今年2018年は、4月の2DAYS開催の予定でしたが、昨年の11月の金沢2DAYSで、2月も金沢で開催して欲しいという参加者の願いが急遽決まりました。
今、北陸には5人の認定フィッターがいますが、認定を目指して全部で12人の参加になりました。

午前中は合口合わせの後の、1セッションの後の恒例の検証会。ハンデを付けての制限時間内でどれくらい仕上げられるかというもの。
私の経験した中で10本の指の中に入る難しいモデルを合わせることになってしまいました。昨年の4月は初対面での検証会挑戦したときは、モダン調整までほとんど出来ずという惨敗を。とにかく側頭部分から難しいのです。難しいと言ってるわけにはいかず攻略して経験値を上げないといけません。

今回の検証会、前よりは進んだものの、合口がしっくりこないまま残り時間を見ながら先に進む嫌な感じ。8分という制限時間内で、結局モダンに移れたのは残り3分を切っていました。後戻りも出来ないし、何回も乗せる時間もないので、最後の方は、耳の後ろを掻き分けて、0点にならない程度に見た感覚で曲げるという感じ。
まあ、総評も思った通りの出来でした。。

さて、昼からはひたすらモデルにメガネを合わせ続けるセッション。
今日の目標は難しめのモデルをやろうと決めていたので、なるべくモデルを選んで。

最後は、やはりもう一度検証会でやったモデルをしっかり時間をかけてやってみたいと、再度挑戦しました。
先生からOKまではいけませんでしたが、攻略法が見えたような気がします。
今回のセミナーの収穫は、この攻略法と、紙一枚くらいのスキマの微調整の方法。

自分の事は、置いといて、今回参加された全員が、11月の時よりレベルアップしているように見えました。今回から、事前にフレームに仕込みを入れてのやり方だったので、いつもより手数が増えて、後半時間が足りなくなってきてまとまらない感じでしょうか。
引き続き、北陸での練習会を工夫してやっていこうと思います。

先生、参加された皆様ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。