老眼鏡を新調したのに使いにくくなったのはなぜ?-料理編

2018年03月22日(木)

Category: メガネのお話, 商品紹介, 目のお話

またまたシーン別で解説しましょう。

料理編。

手元が見にくくなった老眼鏡は、少し弱くなっていることが多いので、結果的に、ピントの合う距離が少し遠くなるため、料理などするときにはちょうど良かったパターン。

この老眼鏡を手元用に合わせて作り直すと、少し離れたレシピや火加減などが見えにくくなってしまいました。

(ニコンより)

なので、レンズ交換よりも、買い増しをおすすめしています。
そうすると、手元用と料理などする時用の違う距離のものを見る時に間に合いますので。
レンズ交換の場合は、やはり、単焦点ではなく、奥行きが出るレンズ、近用ワイド系のレンズをおすすめします。

参考のレンズはこちら
http://www.hotta-megane.co.jp/entry/soltes-duo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。