老眼鏡を作ると、むしろ老眼が進むのでは?

2018年05月15日(火)

Category: こだわり, メガネのお話, 日常, 目のお話

よくある疑問のひとつに、

老眼鏡を作ると、むしろ老眼が進むのでは?

というものがあります。

老眼とは、目の調節力が弱くなってくるために、近くのピントが合わせづらくなってくるもの。早かれ遅かれ、いずれ調節力は落ちてきます。

見えにくい状態を我慢して、頑張って目を酷使し続ける方がよけい疲れがたまります。
そして、見えにくいがゆえに、集中力が落ちて作業効率が落ちてしまいます。

これって、損じゃない?

むしろ、目に負担をかけずに快適に見たほうが身体のためにも良いと思います。

また、見たいものや、距離など、シチュエーションによって、いろんなレンズがありますので、その辺も相談しながら最適なものをオススメすることができます。
便利なメガネを持つほうが人生楽しく中身の濃い生活を送れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。