地味〜な作業2

2011年11月15日(火)

Category: こだわり, メガネのお話, 写真

先ほどあられが降ったようです。いよいよ冬が近づいてきました。

今日は地味〜な作業の第二弾です。
眼鏡はたくさんのパーツで出来ています。その中でもロウ付けで溶接してあるものもあります。このロウ離れが起きたものの修理です。
なんでもくっつくアロンアルファで試す方がいらっしゃいますが、できればやめて頂きたいです。改悪になることが多いです。今回もアロンアルファでくっつけてみたが、くっつかなかったものです。接着剤が、ネジのところに入りこんだりしてしまっています。
ロウ付け修理
まずは、部品の分解から。分解して、下の写真の部分をくっつけます。
ロウ付け修理
それぞれの部品に細工をします。
ロウ付け修理
ロウ付け修理
そして、ロウを付けてバーナーで溶接。
ロウ付け修理
くっつきました。
組み立てて完成。難易度は低めの作業です。
ロウ付け修理
約10年使った眼鏡ですが、さらに10年くらい使えるかな?^^
もちろん、どうやっても直らないケースもあります。ご相談下さい。大事な眼鏡は長く使って頂きたいですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。