今年の桜(つづき)

2007年04月13日(金)

Category: 日常

桜で一本の枝に花芽が数個しかついてない木は、「てんぐ巣病」という病気にかかっているかもしれないそうです。菌が寄生してしまい、花芽がつかなくなる病気。処置としては、花が散った後に感染した枝を切り落とし、殺菌剤を塗るなどしなければならないそうです。

このまま放っておいて桜が枯れてしまうことだけは避けたいですね。昨日も書いたように、今年の暖冬などの影響で花を付けられなかっただけならいいのですが・・。

どちらにしても、来年の桜に注目です。

今年の桜(つづき)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。