目玉のようなイクラの新発見!

2007年11月13日(火)

Category: こだわり, プライベート

目玉のようなイクラの新発見

日頃全く気にしたこともなかった事で、新しい発見があったときの感動の深さが人並み以上に深いのは私だけでしょうか?
今日は、目に似ているイクラ新発見について。

イクラといえば、丸いプチプチした鮭の卵です。そのイクラをよく見ると、目玉のように見える濃い赤い部分がありますよね?まあ、これ自体も気にしたことがないかもしれませんが。
先日、ご飯にイクラをかけて食べていたときのこと・・、よく見ると、どのイクラも上を向いています。上を向いているとは、目玉のような濃い赤い部分が上になっているということです。「みんなこっちを向いてるっ!」と思ったのですが、よく考えたら「これは偶然??」と疑問に思ったわけです。試してみました。もう一杯スプーンにすくってご飯にかけてみると・・・、かけたばかりのイクラの目玉の向きはバラバラ。しかーし、しばらく経つと、少しずつ上を向いてくるではありませんか。なるほど!イクラの中の液体部分の濃い赤い部分は薄い部分より軽いので上に動いてきているわけです。説明が下手ですいません。わかりますか?

今回食べたイクラは、ちゃんとしたモノなので偽物ではないでしょうが、人工イクラというものもあるみたいで、人工イクラもちゃんとこうなるんでしょうか?昔、本物と人工のイクラの見分け方として、熱湯に入れて白く濁るイクラが本物と聞いたことありますが・・。
今度イクラを食べるときイクラの目玉の向きに注目してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。