手帳のこだわり−ドット罫

2010年01月11日(月)

Category: こだわり, 写真

私の使いたい手帳は、ノートと予定表が一緒になっているもの。必要なものだけ入っているもの。そして、予定表が使いやすいもの。さらに、ノートも使いやすいもの。・・・となると、使いやすいノートに使いやすい予定表を張り付ければいいじゃんってことになりました。

今日は、「使いやすいノート」について。

まず、「閉じ方」。リング式が好きです。学生の時は、ルーズリーフ式のノートを愛用していました。書き直しでき、持ち運びも必要な分だけでいいので軽い。そして、外側のファイルも自由自在。

次に「罫」。A罫、B罫、C罫などがあります。行の幅が違います。ここ2年くらい前に出会った、衝撃の罫は、「ドット罫」です。行の線がなく、代わりに点点になっているものです。最近は、まとめたりするというより、思いついたことを書いたり、メモ書きみたいに使うことが多いので、自由に使えるノートを探していました。無地だと、きれいに書けない。ドット罫は、線がないので自由に書けるのです。ガイド的なメモリのようなものです。また、図形や表もきれいに書ける。すばらしい!理数系の私としては、昔にこのドット罫のノートがあって欲しかった(笑)。最近東大式ノートというものがあるらしいが、これは、今までの線にドットみたいな目盛が入っているもの。

話が長くなりましたが、私の手帳のノート部分はこれです。

大きさは、A4の紙を折りたためば挟めるサイズのA5サイズで、もちろんドット罫です。

閉じ方は、リング式。ちょうどペンが挟めます。

ドット罫のノート。なぜ流行らないのでしょう?私が昨年調べたところ、ドット罫のノートはこのシリーズ(KYOKUTO F.O.B COOP STYLE)と、無印良品のノートの2種類しかないようです。私には、今のこのドット罫のノートの紙の質感と外の丈夫さ、ページ数など満足していますが、もっとドット罫のノートの種類が増えることを強く望みます。見かけたら教えてください。

手帳のこだわり−ドット罫」への4件のフィードバック

  1. はなぼこ

    おろ。ちょっと予想外だった^^。
    へえ、これ系の手帳使ってんだ〜。

    もともと、自分は手帳を持たない派なんだよね〜。
    最近はパソコン管理派。

  2. hory 投稿作成者

    >はなぼこさん
    自分の手帳って仕事用じゃないんだよねー。
    仕事以外の会議とか打ち合わせとか勉強会とか多いので、ノートがないと忘れてしまうんだ(汗)

  3. ウマキチ

    コクヨの株主優待でドット罫ノートが入っていたのを思い出しました
    てっきりコクヨの特許かと思っていたのですが、他社からも類似品が出てたのですね

  4. hory 投稿作成者

    >ウマキチさん
    コクヨのドット罫は、東大合格生のノートの取り方から生まれたドット入り罫線です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。