トマトグラッシーズの鼻パッド

2018年09月14日(金)

Category: こだわり, フィッティング, メガネのお話, 目のお話

弱視治療用眼鏡で初めてメガネを作る時、トマトグラッシーズをお選びになるケースが多いのですが、フィッティングにこだわる当店は、鼻パッドが重要になってきます。お子さんの鼻の形状も様々、特にレンズと目の距離は気を使います。

この鼻パッド、高さと幅が微妙に違う9種類の取り替え用があります。

トマトグラッシーズには、最初はこのような鼻パッドが付いています。

今回は、このタイプでは、レンズが前に飛び出たような状態になるので、幅広で高さを抑えたタイプに交換しました。

後は、熱を加えて、微妙に角度を調整します。
この調整がとても重要。
子供の視力の発達にはフィッティングも重要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。