目を大切にする方法

2007年10月09日(火)

Category: 目のお話

10月10日は「目の愛護デー」です。

目を大切にいたわりましょうという日なのですが、今日はどのように大切にすればいいかを簡単にご紹介します。

目の酷使をしない
長時間読書をしたり、テレビを見たり、パソコンの画面を見たりする場合は、適度に休憩をとり目を休めるようにしましょう。
姿勢を正しくする
姿勢が悪いせいで、必要以上に近距離でモノを見たりすることによって目に負担がかかります。また、首・肩こりなども起こります。机や椅子の高さが正しくない原因で姿勢が悪くなることが多いです。
適度な明るさで
暗すぎてもいけませんが明るすぎてもいけません。
無理をしない
遠くのモノや、近くの文字が見にくい場合は、我慢して頑張って見ても、目が良くなることはあまりありません。
睡眠をよくとる
寝不足での目の酷使は、百害あって一利なし。
バランスの良い食生活
栄養が偏らないように、バランスの良い食事を心がけましょう

毎日、大変お世話になっている目の大切さを再認識する日が、10月10日です。10月10日が体育の日でなくなった今、10月10日といえば目の愛護デーと、みんなに知ってもらえればいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。