暗闇に目が慣れるのに時間がかかるのは・・

2007年08月20日(月)

Category: 目のお話

光を感じる目のお話に引き続き、明暗順応のお話。

明るい所から、暗い所へ入ると真っ暗で何も見えませんが、徐々に目が慣れてきてぼんやりと見えるようになってくる経験をしたことがあるでしょう。目の奥の光を感じる網膜は、錐状体と杆状体と呼ばれる視細胞から成り立っているというお話をしました。まさにこの2種類の視細胞の性格の違いで起きているのです。

明るいところで働いているのは錐状体なのですが、暗いところでは杆状体が働きます。この錐状体から杆状体に切り替わるのに時間が掛かるため、目が暗さに慣れてくるまでに時間が掛かるのです。明るいところから暗いところへの切り替えは暗順応といいます。

逆に、暗いところから明るいところに出た場合、とてもまぶしく感じるのも杆状体から錐状体に切り替わるためです。これを明順応といいますが、暗順応よりもわずかな時間で慣れます。みなさんも経験ありますよね?

では、実験。夜寝る際、暗闇に目が慣れてきたころに、片目を隠して部屋の電気を付け、そしてまた真っ暗にします。そして隠した片目を開けてみましょう。隠していた片目の方は暗闇が見えますが、もう片方の目はまだ暗闇に慣れておらず、全く見えない状態になると思います。目がおかしくなったように感じるでしょ?面白がってやりすぎはいけませんよ。

さて、ついでに明日は視野のお話をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。