ハーフリムタイプのナイロンレール

2018年09月01日(土)

Category: メガネのお話, 修理

メガネのハーフリムタイプのナイロンレールのお話。

下側のナイロン糸だけでなく、上のフレーム側にもナイロンレールというものが入ってレンズを固定しています。

写真の矢印部分。

ここに、断面がダルマのような形をしたレールがはまっています。
このナイロンレールが劣化したり破損した場合は、レンズが外れやすくなったりするので、交換できます。

端の方から差し込んでいきます。

メガネはたくさんの部品から出来ています。
そのひとつの紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。