特殊カスタマイズ

2022年01月10日(月)

Category: こだわり, フィッティング, メガネのお話, 修理, 日常

印刷関係の仕事をされているお客様。

今までは、遠近両用を掛けていたのですが、流れてくる印刷物を追って見るには、遠近は適さず、メガネを上げて、直接見ていたそう。

また、手などが汚れるので、メガネを触ることがなかなか出来ず、メガネをセロハンテープでおでこに貼り付けていたそうです。

EXレンズ(上下に分かれている)など、いろんな方法を考えた中で、メガネを掛けた状態で、下部分がないものを作ってみることになりました。

掛けた状態の、瞳の黒い部分の下側と、レンズの下部が重なるくらいがちょうどいいようなので、そうなるようにフィッティング調整。

元は、このようなメガネです。

下側を短くしました。

出来上がってご来店頂いた時、その印刷物は斜め上からも流れてくるそうで、顔を斜めにして見れるかも試してみました。
調整は後日でも出来ますので、まずは、この状態で実際に仕事で試してみることになりました。

メガネを作るときは、ご利用状況など詳細に教えていただければ、最善の方法をいろいろと相談しながら考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。