鼻に当たる部分を削る

2019年08月12日(月)

Category: こだわり, フィッティング, メガネのお話

プラスチックフレームは調整箇所が限定されます。
出来る限りプラスチックフレームでもやります。

今回のフレームは、鼻に当たる部分が邪魔をして、目との距離が広くなりすぎるケース。

削って調整できるなら、削りましょう。

削ってない写真がこちら。右側の部分の盛り上がり具合が違います。

削ってもできないなら、切り取って新しいのを付け直します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。