耳に当たるテンプルが白く変色しないようにするためには

2020年01月21日(火)

Category: メガネのお話, 修理, 日常

プラスチックフレームや、メタルフレームの耳に当たる部分が、長期間使用していると白く変色してくることがあります。

主な原因は、汗や皮脂とフレームの表面が化学反応を起こしたためです。整髪料が付着している場合もなることがあります。

ヤスリを掛けて、バフを掛けて磨くことによって、直すことができます。

白く変色しないようにするためには、メガネを外したときに、しっかりメンテナンスするだけでもかなり効果があります。
日頃のお手入れの仕方で、メガネの持ちもかなり変わってきますので、是非してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。