鼻盛り貼り付け

2021年12月07日(火)

Category: こだわり, フィッティング, メガネのお話, 修理

プラスチックフレームの鼻に当たる部分は、基本、そのままでは調整できないので、合わない場合は、何かしらしないといけません。

鼻幅が広いタイプは、高さを出しつつ、幅を狭めないといけないケースも多く、つけ直す事が多いですが、貼り付けタイプの方がスマートな場合もあります。

今回は、貼り付けタイプで、丁度いい感じになりました。
貼り付けるパーツでも様々な形状や大きさ厚さなどありますので、試しに、両面テープで付けてみて塩梅をみることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。