レンズに帯状の傷

2019年05月20日(月)

Category: メガネのお話, 修理, 日常

使用していたメガネのレンズが縦に2本、帯状に白くなることがあります。

拡大してみると。

無数の傷の跡。そして、帯状にたくさん傷がついています。

これは、レンズ面を下に向けて置いた状態が多いとこうなることが多いです。
一番飛び出ているレンズ面が擦れて傷がついて白くなっているのです。
この傷は取れませんので、交換となります。
メガネを置く時は、必ずレンズ面が下にならないようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。