コンビタイプのメガネの前傾角を調整する方法

2020年08月21日(金)

Category: こだわり, フィッティング, メガネのお話, 磨く, 目のお話

昨日の配信紹介の中で、決まったメガネ。

前傾角が浅いので、深く調整する必要があります。

コンビフレームの場合は、分解して、金属部分を曲げます。

そうすると、下の写真のように、結構角度を付けられたのがわかると思います。

レンズの性能を最大限に良くするだけでなく、前傾角が適正な角度でメガネを掛けると、掛け姿も格段に良くなります。
前傾角は妥協できませんので、調整できないフレームは注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。