ヴィンテージフレームをカスタマイズ

2018年05月03日(木)

Category: こだわり, フィッティング, メガネのお話, 修理

GW連休後半に入りました。いかがお過ごしでしょうか?

とにかく、掛け心地(フィッティング)にこだわっております当店。
持ち込みのフレームももちろん可能な限り、こだわります。
おそらく20年以上(もっと経ってると思います)のヴィンテージフレームにレンズを入れて欲しいというお客様。
鼻に当たる部分が低くて、顔にくっついてしまいます。そして、目の位置も高くなってしまい、フレームが下がった状態。

切り取って、最適な位置になるように付け替えましょう。
まず、バラバラに分解。

既存の鼻パッドを切り取って、ヤスリでガリガリやります。

ペーパーをかけて、バフで磨きます。

そして、新しいパーツを取り付け。
昨年の講習で融着をさらに強固にするアイデアをゲットしたので、そのやり方を使います。

後は、お客様の鼻の形状に合わせて、もう少し微調整して出来上がりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。