フレームのカラーをお好みに塗り直すことも可能

2018年02月25日(日)

Category: メガネのお話, 修理, 商品紹介

横田流フィッテイング術の強度近視フレームプロジェクトにより、メガネのフィッテイングが適切に出来る店舗のみに販売が許されている商品、YS-01のブラックカラーが元々なくて、ブラックが良いというお客様のために、カラー塗装を元からし直しました。工場の方でちゃんとしてもらいますので2週間くらいかかります。

お店によって売れる色が違うようで、うちでは、ブラックが一番人気。Z-55も持ってた複数の在庫はすぐになくなり、同じ商品を扱っているお店さんから譲ってもらったこともあります。ついでに、Z-55も1本黒に塗り直しました。

YS-01ももう1本黒にして店頭に並べてあります。

使っているメガネの塗装が傷んできて、再塗装する修理をすることはよくありますが、新品のメガネフレームをお好みのカラーに塗装しなおすことも可能なのです。

再塗装といっても、その上からただ塗っているわけではなく、一旦塗装をすべて取り、下処理からちゃんとしているのでご心配なく。
出来上がったブラックカラーのメガネを見て、感動しているお客様が印象的でした^^

フレームのカラーをお好みに塗り直すことも可能」への2件のフィードバック

  1. コメント失礼します!今までいろんなお店を探したんですがカラーに塗ってくれるとこを始めて見つけました!色々質問したいことがあるんですが、カラーは何色の中から選べるのでしょうか?!特殊な?素材以外のメガネ以外は塗れないのでしょうか?(例えば持ち込みでこれを塗ってくださいと注文可能なのか、プラスティック系のフレームも含め)金額も教えていただけるとありがたいです。

  2. hory 投稿作成者

    杏様コメントありがとうございます。
    カラーは、見本のものがあれば、近い色で塗ることは可能です。塗るといっても、いったん既存のカラーを剥がして、メッキし直す工程になります。ラメ入りなど特殊なカラーの場合は、全く同じにするのは難しい場合もあります。
    金額は、単色ですと、5000円程から可能です。納期も10日程かかります。
    プラスティック素材のものは、塗ってあるわけではないので、不可能です。
    実物を見ないと、判断できないので、お持ち頂いて相談頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。