金沢市危機管理センター訪問

2020年08月08日(土)

Category: IT関係, 日常, 片町商店街, 磨く

金沢市商店街連盟青年部主催の勉強会で、今年の春に竣工したばかりの「金沢市危機管理センター」を訪問し、金沢市がいかに情報収集し、災害対応にあたっているかを学んできました。

金沢市第二本庁舎災害対策本部室に入ると、大きなモニターに、河川や水門の様子を映したカメラ映像や、水位のグラフ、主要道路の映像などが映し出され、小学生の頃の社会科見学の時のような高揚感が。

金沢市危機管理課の石山課長に、モニターに映し出されている情報の説明のあと、市民を災害から守る仕組みについてお話頂きました。

毎年のように、全国各地で大雨特別警報が多発し、甚大な被害が起きています。金沢市では、平成20年の浅野川水害以来大きな災害が発生していませんが、最近の気象状況を見ていると、いつどこで発生してもおかしくない状況と感じています。
もちろん、何も起こらないに越したことがないのですが、いざ、起きた時に、どのように対処するかを、意識して取り組んで準備する事がとても重要であると思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。