ナイロール糸

2021年06月10日(木)

Category: メガネのお話, 修理, 日常

ハーフリムタイプのメガネは、レンズを主にフロロカーボンという素材のナイロン糸で留めてあります。

フロロカーボンは、釣り糸でも使っていまして、切れにくいのですが、よくあるのは、フレームの金具との擦れによって、矢印のところで切れることが多いです。

今日は、久しぶりに途中で裂けるように切れているのを見ました。
これはかなり古いのでフロロカーボン素材ではないかもしれません。
両方、新しいテグスで再生しました。

定期的に、交換すると、急に切れるということは限りなくなくなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。