夜の運転時の車のヘッドライトの眩しさを抑えるには

夜の運転の時の、車のヘッドライトが眩しいというご相談は結構あります。

特に最近は、LEDのヘッドライトが主流になり、昔よりも眩しく感じることが多くなったように思います。

さて、この眩しさをどうしたら抑えられるか。

眩しいからと言って、濃いカラーのレンズにすると、照度が落ちすぎて、暗いところでは見にくくなってしまいます。

そこで、イエローです。しかも偏光機能のついたドライビングイエローです。

どのように見えるか。写真で説明しましょう。

まずは、何もない場合。

ブルーライトと聞いたらピンとくる人もいると思いますが、短波長の青系の光は、散乱光となりやすく眩しく感じます。
これに、ドライビングイエローを前にかざすとこうなります。

白い光が暖色系になります。実際は、もう少し暖色に見えます。
電球色のような感じです。
ギラッとした色合いではなくなるので、かなり眩しさが緩和されます。

また、イエロー系は、コントラストが上がるので、照度を下げずに、ものがくっきり見えるので、夜にはとても良いと思います。

さらに、クリップオンサングラス Chemistrie ケミストリーにするととても便利です。
夜の運転時は、メガネの上からドライビングイエローを装着すればよいのです。
昼は、偏光グレーなどにすると、もう運転時の視界はとてもクリアです。

昨日のブログの写真は、昼用と夜用を作ったものです。

夜の見え方を試したい方、いつでもご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。