チタン素材は丁番に座金があります

2021年05月31日(月)

Category: こだわり, メガネのお話, 商品紹介

メガネの丁番部分に、主に開閉を滑らかにするために、座金を噛ませます。

この座金を噛ませるのは、チタン素材である証拠です。

メタルフレームは、チタン素材が多いので、座金が入っていることが多いのですが、プラスチックフレームの場合、丁番の材質は合金が多く、座金が入っていない事が多いです。

しかし、こだわって作っているプラスチックフレームは丁番もチタンを使っています。

テンプルの芯もチタンを使うことで、とても軽くしなやかになります。

当店では「IsoTope」がチタンを使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。