七夕の夜に願い事

2007年07月07日(土)

Category: 時事, 商品紹介, 日常, 磨く

本日7月7日は、七夕

天の川を隔てて輝く一等星、”わし座のアルタイル(牽牛星)彦星”と、”こと座のべガ(織女星)織姫”が、一年に1度だけ逢うことを許された七夕の夜・・・・・二人は恋に溺れ、本来の仕事をサボるようになり、怒った父の天帝が二人を引き離して、改心して仕事を一生懸命するなら一年に一度だけ会う事を許されたのが7月7日の七夕であったというお話だったかな。

まじめにちゃんとしていれば、願いはかなうということかしら。。。ただ願い事を短冊に書くだけではいけないってことですね。

私が小さい頃は、当店”堀田めがね店”では天体望遠鏡がたくさん置いてありました。夏休み前の今頃はよく売れたそうです。時代の流れか、自宅で天体望遠鏡で星を見るということはほとんどないと思います。もしかしたら、昔買った天体望遠鏡が家の物置の奥の方で眠っているかもしれません。おうちの人に聞いてみたらどうでしょう?街中の明かりのせいで見える空の星の数も少なくなりました。小さい頃、夏休みにどこかの山の中で見たすごい星の数は今でも記憶に残っています。今年の夏の夜は、空を見上げて星観察をしてみようと今思いました。

当店では、天体望遠鏡は置いてありませんが、一応今でも取り扱っています。カタログは少々あります。もし御入用の際はどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。