こどもの目の成長期は8歳まで part2

2019年05月09日(木)

Category: こだわり, メガネのお話, 日常, 目のお話

子供の視力はどのように発達するのでしょうか。

(EVP資料より)

赤ちゃんの視力は、ピントの合った映像が脳に送られ、脳の細胞を刺激することで発達します。
3歳くらいまでに急激に発達して視力1.0近くになり、5歳くらいで大人とほぼ同じ1.0以上になります。6-8歳くらいには視力が完成します。

視力が完成するまでに「物をくっきりと見る」ことが妨げられると、視力の発達が遅れて弱視になってしまいます。
この弱視の発見が遅れてしまうと、矯正しても良好な視力まであがらないことになります。

次回は、弱視とは何かを説明します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。