こどもの目の成長期は8歳まで part5

2019年05月12日(日)

Category: こだわり, メガネのお話, 日常, 目のお話

子どもの弱視を見逃さず、早期に発見・治療するために気をつけることは。

日常生活のこどもとの会話から弱視を判断するのは難しく、見た目や行動から推測するしかありません。

とにかく、ちょっとでも気になる様子が少しでもあったときは、すぐに眼科を受診して相談しましょう。
受診して問題なければそれはそれで安心なわけですから。

こどもの将来の大切な生活のために、こどもの目の成長期に限りがあることを周りにお知らせ願えたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。