梅雨時期から夏にかけてよく起きる事例

2021年07月25日(日)

Category: メガネのお話, 修理, 日常

メガネのハーフリムタイプは、半分をナイロン系の糸で引っ張って留めてあります。

今の時期、切れることが多いです。

当店では、純正の糸も、フロロカーボン製の糸に交換して、不具合が起きにくいようにしていますが、それでも切れることがあります。
ネジの緩みと同じで、定期的にメンテナンスすると、いざという時に故障することは限りなく低くなります。

1年に1回交換するとまず大丈夫だと思います。
当店でお買い上げ頂いたフレームに関しては、いつでも無料で交換します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。