ZOOMでオンライン相談しました

先日、遠方の方と、ZOOMでオンライン相談をしました。

以前、当店でメガネをお作りになられた方、ミネラル様(匿名)。
そのメガネは、問題なく使えるのですが、ある使用環境でも使えるといいとのことで、実際の使用環境をZOOMで見せて頂きました。
仕事環境の、パソコンのディスプレイまでの距離や、高さ。
テレビを見るときの、テレビまでの距離や大きさなど。
聞くのと実際見るのでは、こちらもイメージがつかみやすいです。
こちらには、測定したデータがありますので、とても良かったです。
ついでに、メガネの掛け具合も、画面越しですがチェックしました。

実際の細かい調整は、金沢にいらっしゃったときにしますが、どうしてもしばらく金沢へ出かける機会がないとのことで。

今まで、修理の相談がメインで数回使ったことがありましたが、なかなか使えますね。
メガネは、使用環境によって、いろんなアレンジができます。

仕事や、趣味で使うメガネは、やっぱりそれに特化した専用メガネを作ると、格段に使い勝手が良くなり、能率もあがります。
ZOOM以外でもいろんなやりとりが必要ですが、ご希望の方は、ご相談ください。

正しい”くもり止め”の使い方

2020年07月06日(月)

Category: メガネのお話, 時事, 日常, 磨く

コロナ予防でマスクをする機会が増え、くもり止めを使う人が増えました。
しかし、このくもり止めの正しい使い方を知らない方、結構多いです。

液体であったり、クリーム状のものを塗るタイプについて説明します。

1.まず、レンズの汚れをきれいに落としましょう。

クリーナを使ってもいいです。レンズを綺麗にしないと、くもり止め成分もちゃんと乗りませんし、傷をつけてしまうこともあります。

2.次に、くもり止めを塗って、手で薄く伸ばします。

モノによって、適量がありますので、それに従って塗りましょう。

3.しばらく、放置します。

くもり止め成分が乾くのを待ちます。

4.柔らかい布で軽く拭きあげます。

ここが一番重要です。間違っても、超極細繊維のメガネクロスは使ってはいけません。
全部拭き取ってしまいます。しっかり汚れを落としているならば、ティッシュでもOKです。

重要なのは、最初にしっかり汚れを落とすこと、しばらく放置すること。最後はメガネクロスではないもので拭くことです。

最近は、布にくもり止めの成分を染み込ませたものが出てきてますが、これは、このまま拭くだけでOKです。もちろんその前に、汚れは落としてくださいね。

「Swiper.js」の不具合 CDNのリンク先が変更

2020年07月05日(日)

Category: IT関係, こだわり, メガネのお話, 磨く

昨晩、予約メールが入り、たまたまうちのサイトのトップページを見ると、レイアウトが崩れているのを発見。

スマホサイトだけなのか。スマホで見たのは久しぶりだったので、PC版は翌日確認しようと思い、いろいろ原因を思い巡らせながら就寝。

今朝、確認すると、Swiperが作動してないようです。

少なくとも2日前は、正常だったのを確認しています。
そういえば、2日前に、サーバーのPHPのバージョンを上げたのでそれが原因?
SwiperとPHPは関係ないよな。
3日ほど前に、5%キャッシュバックのバナーを削除したときに、何か消してしまったのか?
他の商品情報で使っているSwiperを見ると、こちらも崩れています。
ということは、これも関係ないな。

とりあえず、ソースを確認。
CDNのURLのリンク先がエラーになっているっぽい。

公式サイトの方を見ると、英語でよくわからない。
しかし、CDNのアドレスが前と違っているのを発見。
やはりここが原因の可能性大。

CDNのURLを変えてみる。
戻った!

外部から引っ張ってくるのも、勝手にURLが変わると動かなくなるのは問題だなぁ。
でも、軽くて便利なんだけど。
とりあえず、沼にはまらなくてよかったです。

解決してからですが、Twitterで同じような現象が起きてることを確認しました。
こういうときは、ググるよりもTwitterが便利です。

長い間眠っていたメガネが復活

2020年07月03日(金)

Category: メガネのお話, 修理

県外の方から、修理できませんかとご連絡ありまして、パーツを取り寄せて修理しました。

お気に入りのメガネだそうで、壊れてしまったので、長い間、眠ったままだったそうです。
歪みも直し、メンテナンスをし、無事復活しました。

組み合わせてオリジナルを作る

2020年07月02日(木)

Category: こだわり, メガネのお話, 商品紹介

デザインも好きで、ブラウンデミの色も好きだけど、リムの色がシルバーだったら。

なければ、特別に、組み合わせて作りましょう。
ということで、分解して組み上げました。

どれでも可能というわけではありませんが、こういう裏技もございます。

レンズにヒビ?

2020年06月29日(月)

Category: メガネのお話, 修理, 日常

レンズが割れているわけではないけど、レンズにヒビのようなものが。

ハーフリムタイプのメガネでこんなことが起きることは稀ですがあります。
強めの負荷がかかった場合です。
ここから割れて、レンズが外れてしまうとかそういうことはありません。
しかし、残念ながら、これは直すことはできません。