メガネを外すときは両手で!

2021年03月06日(土)

Category: こだわり, フィッティング, メガネのお話, 修理, 日常

メガネは、掛け外しが伴いますので、どうしても型くずれが起きてしまい、掛け心地が悪くなります。

この掛け外しの時は、必ず両手で真っ直ぐに外すことが一番大切です。

面倒と思わずに、片手が塞がっていても、物を置いて両手で扱って下さい!!

これだけで、かなり違います!

自然と緩んでくる原因は、メガネが開いてくることが多いです。

これは掛け外しの時に無理がかかっているからです。

今日から、気をつけて取り扱いしてみて下さいね。

レンズの形を変更

2021年03月05日(金)

Category: こだわり, メガネのお話, 商品紹介

顔の大きさとのバランスを考えて、レンズの形を微妙に変更しました。

元の形は下のメガネの玉型。

横幅を5ミリ、天地幅を1ミリ大きくしました。
元の形のテイストを壊さずに、程よい形になったかと思います。
これを、全体を5ミリ大きくしてしまうと、天地幅も大きくなり、形は変わらないものの、掛けるとイメージが変わってしまう可能性あります。
この辺の変更のさじ加減は、すべて私におまかせということで、承りました。

少しお時間頂きましたが、喜んでいただけると思います。

丁番の掃除

2021年03月04日(木)

Category: こだわり, メガネのお話, 修理, 日常

メガネのツルを折りたたんだりする丁番部分。

ここは、メガネの中で一番、摩耗しやすい部分でもあります。
間に、ワッシャーという開閉を滑らかにする部品がありますが、ここが摩耗しやすいです。
潤滑油は定期的にさした方が、摩耗はしにくくなります。

また、ここは汚れが溜まりやすい部分でもあり、潤滑油をさして、ティッシュで拭くと黒く汚れがつきます。

この汚れ、何回やってもつく場合は、分解洗浄しています。
定期的にメンテナンスした方が、はるかにメガネの持ちは良くなりますので、いつでもお気軽にお持ち下さい。

長モダン交換

2021年03月02日(火)

Category: フィッティング, メガネのお話, 修理

メガネのフレームの耳に掛かっている部分のプラスチック部分が割れてきたので、その部分だけを交換しました。

温めて、引き抜きます。
中の芯に、モダンが回転したり、抜けたりしないように、2箇所細工がしてあるのが分かりますでしょうか?

挿し直して、後は、もう一度フィッティングし直して出来上がりです。

Putri プトゥリ EP-888

2021年03月01日(月)

Category: フィッティング, メガネのお話, 商品紹介

早いもので今日から3月ですね。

本日の1本。フルフィッティング出来ます。

Putri プトゥリ EP-888Putri プトゥリ EP-888 46□18-142

八角形のオクタゴン。
上下で色を塗り分けていて、目元が綺麗にみえる配色。

Putri プトゥリ EP-888ゴールド/グリーン×イエローグリーン

Putri プトゥリ EP-888ゴールド/ローズレッド×コーラルピンク

Putri プトゥリ EP-888ゴールド/ブラウン×オレンジ

Putri プトゥリ EP-888ゴールド/パープル×ラベンダー

Putri プトゥリ EP-888

Putri プトゥリ EP-888

Putri プトゥリ EP-888

Putri プトゥリ EP-888

メイドインジャパン

2021年02月28日(日)

Category: IT関係, お知らせ, こだわり, メガネのお話, 日常

「さばえ メガネをかけようキャンペーン」も残り僅かになってきたようです。
残り4000人を切りました。

https://megane-cashback.com/

驚かれるお客様も多いのですが、当店にありますメガネは95%くらいは日本製です。

なので、ほとんどが対象となります。
(一部、メーカーが登録してなくて対象とならない日本製もあります)

期間の3/31までより早く終了するような予感。

お早めに!!

メガネのレンズに熱がかかると

2021年02月26日(金)

Category: メガネのお話, 修理, 日常

今日も、レンズのコーティングに熱クラックが入ってしまったお客様のお話。

昨日のブログでは、お湯で洗っていたということでしたが、このお客様は心当たりがないと。

透かしてみましょう。

昨日のブログほどではありませんが、蜘蛛の巣のように、熱クラックが入っています。
何もせずにこうなることは、ありません。

最近のレンズはコーティングが良くなったため、昔であれば、コーティングが剥げてきたのですが、剥げずにクラックが入ったままのことも多くなりました。

熱には注意しましょう。

メガネをお湯で洗い続けるとレンズはどうなるか

2021年02月25日(木)

Category: メガネのお話, 修理, 日常

毎日ではないらしいですが、お湯で洗うとレンズが綺麗になると思って、お湯で洗っていたそうです。

頻度はわかりませんが、3年半経つとこんな状態に。

この写真ではよくわかりにくいと思います。

もう少し、光に透かしてみましょう。

傷のように見えますが、これは、レンズの表面のコーティングにシワが寄っている状態(クラック)です。
透明度かなり落ちています。
レンズを交換する方法しかありません。

メガネをお湯で洗うのはやめましょう。

ハーフリムのナイロンが劣化

2021年02月23日(火)

Category: こだわり, メガネのお話, 修理, 日常

ハーフリムタイプのメガネは、レンズを保持するために、ナイロン糸を使っています。

毎日、お湯でメガネを洗っていたそうで、レンズも傷んでいたのですが、ナイロン糸も、白濁し、柔軟性も失われ固くなっていました。
切れずに持っていただけでもラッキーです。

手前が劣化がすすんだもので、奥が新しいものです。

当店では、なるべく強度と耐久性が良い、フロロカーボンという素材の糸に取り替えるようにしていますが、定期的に交換することをおすすめします。