22年前のメガネ

2019年04月02日(火)

Category: メガネのお話, 修理, 目のお話

桜の開花宣言があったのに、冬に戻ってしまったような寒さですね。

さて、調べると平成9年、私が働き始めたのが平成10年なので、その1年前、つまり22年前にお作りしたメガネです。

とても綺麗にお使いでした。
白内障の手術をしたので、今度は手元用として利用したいと。
もちろん、大丈夫です。

フレームを利用して、手元用として新たに活躍することになりました。

新元号

2019年04月01日(月)

Category: こだわり, プライベート, 時事, 日常, 磨く

令和

新しい元号が発表されました。
まだピンと来ないですが、いまにしっくりくるようになるんでしょう。

人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ

私は、山中教授のインタビューの中の

伝統を重んじると同時に、新しいものにチャレンジしている日本の姿に非常にぴったりの元号ではないか

という言葉が印象に残りました。

さあ、今日から新年度の4月です。
心新たに頑張っていきましょう。

平成もあと1ヶ月

2019年03月31日(日)

Category: こだわり, イベント, プライベート, 時事, 日常

明日は新しい元号が発表されるようですね。
連日、テレビでは予想したりしていますが、私も予想してみましょう。

頭文字のアルファベットは、明治くらいまで被ることはないと思うので、「M,T,S,H」は使わないと思います。
あかさたなの頭文字でいうと残りは、「A,K,N,Y,R,W」。
他にも「B,D」などの濁音などあるけど、濁音は使わないと勝手に予想。

「A」か「K」か「W」と予想!

「A」はテレビで「安」を予想しているので、予想されるような文字は使わないとふみます。

なので、「K」です。

「K」で良さそうなイメージの簡単な漢字といえば、「光」ではないかと。

「こう」から始まる元号になるといいな。

明日を楽しみに待ちましょう。

遠近両用は使いにくい説

2019年03月30日(土)

Category: こだわり, フィッティング, メガネのお話, 目のお話

「遠近両用は使いにくいと聞いたから・・」
知り合いからこのような情報を得て、遠近両用をはじめから拒絶する方がたまにいらっしゃいます。

「使いにくい、慣れにくい」

そんなことはありません!!
確かに、慣れにくい人、慣れやすい人いらっしゃいます。
度数、使い方、性格などいろんな原因がありますが、掛け具合が正しくない原因が一番多いと思います。
これは間違いありません!

遠近両用のレンズの仕組みは複雑です。
レンズと目が正しい位置に掛けている状態でないと、パフォーマンスは悪くなります。
これは、性能の良いレンズにしても同じです。

この掛け具合の調整は、人の手じゃないと出来ません。
掛け具合の調整をするだけで、掛けられるようになった方はたくさんいらっしゃいます。

遠近両用は最初が大事です。
最初に失敗するとマイナスな気持ちをずっと引きずることになりますので。

特に、初めての遠近両用はお任せいただけたら、良い視生活を送る手助けになるかなと思っています。

出掛け先で気になって気になって・・・

子供の春休みと休みが重なる貴重な定休日、車で少し遠出してきました。

まあ、そんな時でも、ずっとメガネの事から離れられず、運転中も、いろんなメガネを用意しておいて掛け比べをしてみたり。。

遊園地で待っている間は、周りにいる人のメガネの掛け具合が気になって気になって。。。
特に、お子さんのメガネは、ちゃんと掛けられている子は皆無。。。
お子さんの成長期なので、もう少し気にしてあげたいところだなと。
大人も同じ。

もっともっと、業界から変わっていかないといけないなと強く思いました。
気になる方は、いつでもご相談ください!

ココカラマルシェ2019

2019年03月25日(月)

Category: こだわり, イベント, 目のお話

昨日「ココカラマルシェ2019」に、EyeVisionProjectのメンバーでブースを出展しました。
私は、お手伝いできませんでしたが。。

しっかり視力が育っている子がほとんどでしたが、中には左右の視力差があったり、視力がうまく育っていない子もいらっしゃったようです。

今の自分を超えていくには

2019年03月24日(日)

Category: こだわり, スポーツ, プライベート, 日常, 磨く

イチローさんの会見の中で響いた言葉Part3。

あくまでもはかりは自分の中にある。自分の限界を知りながら少しずつの積み重ねでしか今の自分を超えていけない。一気に高みにいこうとすると、今の自分の状態とのギャップがありすぎて続けられない。地道に進むしかない。遠回りすることでしか本当の自分に出会えない。

夢中になれるもの

2019年03月23日(土)

Category: こだわり, スポーツ, プライベート, 日常, 磨く

イチローさんの会見の中で響いた言葉Part2。

熱中できるもの夢中になれるものを見つけられれば、それに向けてエネルギーを注げる。そういうものを早く見つけて欲しい。それが見つかれば、自分の前に立ちはだかる壁に向かっていけると思う。いろんなことにトライして、自分に向くか、向かないかよりも自分の好きなものを見つけて欲しい

成功すると思うからやってみたい。それができないと思うからいかない。そういう判断基準では後悔を生むだろう。やりたいならばやってみればいい。できることから挑戦するんじゃなく、やりたいと思えば挑戦すればいい。それなら、どんな結果でも後悔はないと思う